キツネノカミソリ&ウバユリ  7月28日(火)

近くの武藏丘陵森林公園にてキツネノカミソリ、そしてウバユリを見て参りました。

キツネノカミソリは、ヒガンバナ科で、橙色の6枚の花びらは根元がつながってます。
葉は細長く春にでますがカミソリに見立て、林の中に突然咲く花をキツネにたとえてキツネノカミソリの名になったと言います。
花の時期には葉は有りません。ヒガンバナと良く似てます。

ウバユリは花茎が伸び蕾がふくらむにつれ葉は見る影もなく黄ばみ枯れて行くと言います。
「昔の人はこの様子を見て・・娘が十八になる頃世話をした人が歯(葉)がない姥になる」ことに引っかけてウバユリと名づけたそうな・・。
f0164592_75938.jpg

[PR]
by ksadako | 2009-07-28 07:59 | | Comments(3)
Commented by 春蘭 at 2009-07-28 23:49 x
ショットさん、こんばんわ
ウバ百合、キツネノカミソリ、こんなに沢山咲いていますと圧巻ですね。
↓のコマクサもまぁなんと沢山、これだけ群生していますと
見ごたえ十分、お花一輪のお写真もいいですが
群生には目を奪われます。

キツネノカミソリは花の時期葉がないのですねぇ
ヒガンバナとおんなじということですが、咲いている風情もよく似ていますねぇ
Commented by ショット at 2009-07-29 07:16 x
春蘭さん、有り難う御座います。
そう・・森林公園に参りますと自生の植物がほとんどです。この時期キツネノカミソリ・・が・・。細い花びらが、好きです♪

コマクサ・・地元では大事に手入れに町上げて協力してる・・と、聞いてます。
自然と共存して毎年社会の動きにとらわれず・・咲くお花・・素晴らしいですね♪♪
Commented by わんちゃん at 2009-07-30 10:22 x
一枚目
たくさんのお花をバックにクッキリと・・・良いですね。

その時期になったら、ちゃんとその姿を見せてくれる
自生のお花たち・・・・
ちゃんと、みなさんで保護してはるんですね。

キツネノカミソリ
おはなの色がきつくなくって優しい色が良いですね。

ウバユリ
細長いお花の奥の方まで雰囲気伝わってきましたよ。

こちらではどちらも自生は中々見れません
六甲高山植物園でちょっと咲いているのをチラッと見たかな?
<< 天使の足跡??  7月30日(木) コマクサ  7月26日(日) >>